お薬ナビ 評判 ベストくすり評判 くすりエクスプレス評判 空詩堂評判 アイドラッグストア評判 ネット総合病院評判 うさパラ評判 ペットのくすりやさん 評判

医薬品個人輸入代行業者の評判と口コミ

薬個人輸入

 

医薬品の個人輸入は、「処方箋不要で購入できる」「薬の費用を節約できる」「購入の手間や時間がかからない」「人目を気にせず注文できる」「レビュー等を参考にできる」などの利便性があります。

 

しかし、個人輸入が簡単にできるようになったからこそ考えなければならない問題もあります。

 

特に、「偽物・粗悪品・違法商品である可能性副作用や飲み合わせの判断を誤るおそれ」「購入した際の個人情報を悪用される危険性」については注意しなければなりません。

 

正規ED治療薬を製造する製薬会社4社が合同で行った調査によると、「ネットで流通している薬の約半数が偽物」という結果が出ていますし、インターネットリサーチ業者が行った大規模アンケート調査では、「ネットで医薬品の購入を考える人の約4割が購入に不安を感じている」という結果が出ています。

 

そんな中、ネットユーザーは一体どのサイトを使っているのでしょうか?当サイトでは数ある医薬品輸入代行業者の中でも、比較的ユーザーが多い業者の情報をまとめました。


おすすめの業者チェック方法は?

以下は2ちゃんねるでよく言われるチェックポイントです。当てはまるほど安全度が高いと言われます。

 

・「特定商取引法表示」「会社情報」で所在地、電話番号、代表者が確認できる。
・ 購入する医薬品やジェネリックの具体的な製品名、画像が事前にチェックできる。
・「原産国」「製造元」「発送元」の情報が明記されている。

 

また、業者のネット上の口コミを探すには、「評価」や「評判」等のワードで検索するよりも、「詐欺」「最低」「最悪」「偽物」「危険」「届かない」などのネガティブワードで検索するほうが実態がわかる事があります。存在しない薬を扱っている業者や、「ダイエット薬」「やせ薬」「鬱病の薬」「認知症の薬」など、あいまいな表記を使う業者にはご注意ください。

 

個人輸入代行の知っておきたい知識

 

医薬品の個人輸入代行は違法か

医薬品の個人輸入は自分自身で使用する場合のみ可能です。個人輸入代行とは個人輸入の手続きを代行するもので、購入するのは代行を頼んだ本人という事になるので違法性はありません。通販とは明確に違いますので、薬事法上amazonや楽天などのネット通販では販売できない医薬品も購入できる場合があります。また、個人輸入した医薬品の他人への譲渡や転売は当然ながら法律違反となります。

 

医薬品の個人輸入代行の関税

個人輸入代行を利用すると稀に関税がかかることがあります。稀にというのは、どの輸入品に関税をかけるかは税関の判断に委ねられ、明確な基準は不明なので、かかる時とかからない時があるからです。もし関税がかかった場合、関税の計算式は【関税額=課税対象額(商品代金合計の60%)× 関税率(10%〜12%)+ 関税手数料(200円)】となっており、15000円の場合1100円〜1300円程度になります。課税価格の合計額が1万円以内だと、基本的には免除されるようです。関税の支払い方法は、配達に来た配達業者に代引きで支払うか、税関から通知書が届くのでそれに従って払うかのどちらかになります。

 

医薬品の個人輸入代行のキャンセル

個人輸入代行業者は注文代行業務であり、商品の通信販売とは異なるため、PL法およびクーリングオフは適用されません。また、発送済みになった商品についてはキャンセルできないという業者が多いので、購入前には充分な確認が必要です。クレジットカード決済での場合即時決済から発送作業に入ってしまうためキャンセルが難しいです。それに対し銀行振り込みならサイトに定められた期限内に振り込まなければキャンセル扱いなるサイトが多いため、銀行振り込みでの購入を推奨しています。

 

医薬品の個人輸入代行は自己責任

医薬品の個人輸入は自己責任が基本です。副作用の危険性・偽物リスク・その他、個人輸入に関する責任は購入者に帰依します。万が一個人輸入した医薬品により健康を害しても公的な健康被害者救済制度の対象にならない可能性を含んでいます。

 

医薬品の個人輸入代行の領収書

個人輸入代行業者では、商品代金分の領収書は基本的に出ません。これは「個人輸入代行業者はあくまで個人輸入の手続きの代行」という業務の性質上、領収書は輸入代行手数料のみの金額になってしまうからです。業者によって対応が違うので、ご利用業者でご確認ください。

 

医薬品個人輸入代行業者のクーポン

個人輸入代行業者では初回登録時クーポンを発行している所もあります。しかし大概のサイトでは2回目の注文時から使用可能という仕組みになっている事が多いため、クーポン取得目的で安易に登録してしまうことは避けるべきでしょう。中には初回から使えるサイトもありますが、そのぶん商品代金が高めに設定されている事が多いので検討が必要です。

 

個人輸入代行で注文したものを家族や周りの人にバレたくない

どの個人輸入代行業者でも基本的には梱包に商品名など記載されておらず、外からは中身がわからないようになっていることがほとんどです。これも業者によって対応が違うのでご利用業者へご確認ください。一部業者では郵便局留めやコンビニ受け取りなどのサービスも行っています。

 

男性名義で女性用品、女性名義で男性用品の購入はできない

男性名義でピルやホルモンなどの女性用品、女性名義でED医薬品など男性用品を注文すると税関でストップがかかり通関できない場合があります。このことから、基本的にどの輸入代行業者も注文者の性別に適していない商品は注文できない仕様になっています。

主な個人輸入代行業者

評判検証済みのサイト

ベストケンコーオオサカ堂くすりマートH&BストアくすりEXPRESSネット総合病院あんしん通販薬局アイドラッグストア空詩堂お薬なびくすりの宅配便アイドラッグマートkusuriya3.comお薬110番KAIGAIDRUGJISAうさパラペットくすりライフパートナーちょびひげ薬局med-zoneファミリーファーマシーグローバルつるかめ薬局

 

評判検証予定のサイト

くすりぴあ、クスリックス、おくすり購買部、ココロ薬局、ヘルシーダック、いろはウェブショップ、カリス、インディアンジェネリック、おくすりクリニック、o105.bizオトコドットビス、ベストドラッグ、TOP、OMS、ひめ薬、JPくすり、ケンコーペッツ、ペットのくすりやさん、元気ペット

 

評判検証検討中のサイト

アイ薬、彩香、アイエスティ、アイメディカル、アイアールエックスメディシン、アジアエージェンシー、アプロゲインストア、アットアメリカ、アスフ、あおい屋、青葉トレーディング、インテグラル、SKインターナショナル、欧州屋、個人輸入代行MAX、個人輸入代行ケント、くろぐろ本舗、元気通販、、コスメ・コム、セーフメディシン、舶来屋、ビリリティショップ、ベストイー、HAIR2GO、トレンディワールド、トランケル、ドラッグエクスプレス、OKUSURI365.com、AIGデジタルインフォメーション、まこと薬局、MANEKINEKO US、ユニスール、輸入代行のカウボーイ、世界の薬局、お悩み宅急便、CCライフストア、薬王国、医薬品@通販